何故若ハゲになるのでしょうか

何となく最近髪の毛が抜けているんじゃないか・・・。

何か、髪の毛が細くなって、弱くなってきたなぁ。

人に薄くなってきたんじゃない?なんて言われたなどなど。

いよいよ髪の毛のトラブルに自分が見舞われてきたとショックを受けている人は多いのではないでしょうか。

多くの人が、ハゲなんて自分には無縁だ、もしなるとしてもまだまだ先の話だと考えていたのではないでしょうか。

そんな人達にとって、この事態は対応不可能な事態と言えます。

原因も判らず、解消法や治療法も判らないと途方にくれているのではないですか?

それだけ気付くのが遅かったり、自分とは無縁と気を抜いていると、肝心な時に全く対処出来ずに治るものも治らずに後悔するのがオチです。

そんな時に急に慌てずに済むように、手遅れになったり、客観的にハッキリと判る以前から情報だけでも仕入れておく事が失敗しない道です。

若ハゲと言いますが、ハゲになるメカニズムは年齢とは無縁です。

唯一加齢による身体の衰え以外は、ハゲの原因は年齢を選ばないのです。

これまでハゲの原因と言えば遺伝と相場が決まっていました。

しかし、昨今はハゲの最も大きい原因は男性型脱毛症と判明しています。

男性型脱毛症はAGAとも言い、近年良く見聞きする様になった言葉ではないでしょうか。

育毛剤や植毛のCMや広告で頻繁に謳われる様になって久しい言葉です。

つまり、それだけ育毛業界では男性型脱毛症が注目され、且つハゲの原因の主となるものが男性型脱毛症であると判ってきた証左でもあります。

男性型脱毛症は男性ホルモンの過多や分泌異常が起因です。

男性ホルモンが5aリダクターゼと言う元々体内にある還元酵素と結び付きます。

この2つが結合してジヒドロテストステロンが生成されます。

このジヒドロテストステロンが、強力な脱毛作用を発揮します。

ジヒドロテストステロンが多く生成されると、育毛のサイクルが著しく乱れます。

育毛サイクルの乱れが、脱毛のサイクルが早め、発毛のサイクルを遅くするのです。

その事で脱毛に発毛が追い付かなくなり、薄毛になった後は、最終的にハゲになってしまうのです。

その状況でも放置し続けると、毛根が死滅する可能性も出て、完全なハゲになってしまい手遅れとなってしまいます。

ハゲは病気と同じく、早期発見が完治おける程度を大きく左右します。

もしかしたらと思ったら躊躇せずに情報を収集し、一刻でも早く治療に臨む事が重要なのです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ