若ハゲを治そう!

若ハゲに限らず、ハゲの大きな原因は男性型脱毛症が起因となっています。

ハゲを治すにあたって、現在では男性型脱毛症を避けて通る事は出来ません。

また、ハゲの治療に重要な事は早期発見と、早期の治療開始です。

男性型脱毛症はジヒドロテストステロンと言う強力な脱作用を有するホルモンが原因です。

すると男性型脱毛症を解消するには、ジヒドロテストステロンを攻撃出来れば解決するのです。

ですが、残念な事に現在ジヒドロテストステロンに直接作用する薬品や育毛剤は未開発です。

では、男性型脱毛症を治療する事は叶わないのでしょうか。

答えは否です。

発想を変えてあげれば、ジヒドロテストステロンが生成される以前の段階で対処すれば良いと判ります。

現在はジヒドロテストステロン生成の前段階を阻害する方法論は確立されています。

男性ホルモンを抑制するにはプロペシアと言う服用薬。

5aリダクターゼの働きを阻害するにはフィナステリドと言う服用薬があります。

また、ミノキシジルと言う薬品も使用されています。

専門医に男性型脱毛症の相談に行くと、現在は決まってプロペシアが処方されます。

もちろん、フィナステリドもミノキシジルにも効果がありますが、使用歴の長さや、効果の実績などからプロペシアが処方されるケースが多いのです。

プロペシアは元々、前立腺肥大の治療薬として開発された薬ですが、これがホルモンにも作用することが臨床研究の段階で判明したのです。

その為、改めてハゲの治療にあてる観点で臨床データをとったところ、90%を超える効果が確認され、ハゲの治療薬として本格的に処方される様になったのです。

ハゲの薬は、意外とこう言った経緯で発見される場合が多く、正に副産物的な効果と言えます。

プロペシアを服用すると言う事は、ジヒドロテストステロンの生成における最も最初の段階である男性ホルモンを増やさせませんので、ジヒドロテストステロンも生成されない訳です。

ジヒドロテストステロンが生成されなければ、男性型脱毛症が起きる事はないのです。

これは、フィナステリドも同じ原理となります。

現在の育毛業界では、この男性ホルモン若しくは5aリダクターゼを抑制することで、ジヒドロテストステロンを作らせないことによるハゲ治療、ハゲ予防が主体となっているのです。

現在は、こう言った薬品に注目が集まっていますが、自然由来の植物や褐藻成分にも同様の効果があるものが次々発見されており、今後も男性型脱毛症に効果がある育毛剤は発展の一途を辿っています。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ